blog

2017/08/23 22:15

8月の半ば、ビルボード・ライヴ・東京からの情報で、11月にスクリッティ・ポリッティ(Scritti Politti = グリーン・ガートサイド )が来日することを知りました。




ビルボード・ライヴ・東京「スクリッティ・ポリッティ公演」

スクリッティ・ポリッティといえば、80年代に活躍したニューウェイヴ・バンド。
のちにグリーン・ガートサイド個人のユニットになって現在も活動中です。

来日するんですから現在も活動中なのは当然ですが、最後にリリースしたアルバムは2006年。ずいぶん時間が経ちました。
そのときはついでに「夜のヒットスタジオ」にも出演したのを観た記憶があります。

では情報よりもまずは音楽を。82年リリースのファーストアルバム「ソングス・トゥ・リメンバー」から「スウィーテスト・ガール」。

Scritti Politti - The Sweetest Girl


不思議な曲…。レゲエのリズムにリズムボックスにピアノに、女性っぽい男性ヴォーカル。くせになります。
この曲が入っているファースト・アルバムは名盤だなあ。

スクリッティ・ポリッティの魅力のひとつに、この女性的なカートの声があります。

今回の来日の惹句にも「天使の声」とうたっています。う~ん、天使というのはどうなのかなあ。でも透き通ったきれいな声です。

こんなゆるい感じのサウンドが初期スクリッティ・ポリッティの魅力でしたが、カートの音楽探求は進み、次作85年リリースの「キューピッド&サイケ」になると一気にデジタルになってダンサブルになります。曲は「パーフェクト・ウェイ」。

Scritti Politti - Perfect Way


この曲はUSシングル・チャートで11位まで上がり、今のところスクリッティ・ポリッティの最大のヒット曲になっています。

この後、彼の音楽の志向はさらに先鋭化し、ヒップホップやラップ、ハウスに近づいていきます。

1999年リリース、4枚目のスタジオ・アルバム「アノミー&ボノミー」からのシングル・カット「ティンセルタウン・トゥ・ザ・ブギーダウン」になるとこんなかんじです。

Scritti Poritti - Tinseltown to The Boogie Down


これ誰の曲? カートの声はラッパーの後ろで聞こえるだけのコーラス的な位置づけ。これは好みが分かれますねえ。

2006年の来日のセットリストでは、そのときの最新作「White Bread Black Beer」からの曲が半分以上で「アノミー&ボノミー」収録曲は1曲もやらなかった模様。その時点ではもう興味がなくなってたんでしょうかね。

さて2017年の来日ライヴではどんなセットリストになるんでしょう。そして彼の美しいヴォーカルはまだ健在でしょうか。店主もそれを確かめにビルボードに行くつもりです。

スクリッティ・ポリッティの在庫商品




★ 送料は7インチシングル、EP、CD、書籍は『定形外郵便』で何枚でもまとめて200円です。 ★ LP、12インチ、ボックスセットの場合は『定形外郵便』で何枚でもまとめて500円です。☆補償ありの『ゆうパック』は地域別に800円からですが、1回の注文が税込7000円以上なら送料無料です ☆LPとEP、CDの同梱も当然可能です。その他ご要望お聞きいたしますのでご注文の際に備考欄にご記入ください。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

~ レコードのコンディション表記について ~