blog

2017/10/05 13:27

9月にはウォルター・ベッカー、そして10月になってトム・ぺティの訃報が伝わるなど、ベテラン・アーチストの死去が続いています。


さびしい今年の秋、ドイツのロック・バンド「カン」の元ベーシストのホルガー・シューカイ(Holger Czukay)も9月に亡くなってしまいました。享年79歳。



ホルガー・シューカイは日本人ヴォーカリストのダモ鈴木が在籍していた伝説のバンド「カン」のオリジナル・メンバーで、ソロ作もたくさんリリースしているサウンド・クリエイターです。短波放送や名も知れぬ音源をテープに取り溜めし、職人のごとくそれを切り貼りして音楽にするという、サンプリング・ミュージックの始祖としても認められています。

日本では、彼の作品がサントリーのウイスキーのCMに使われてなじみがあります。三宅一生がただボートを漕いでいるという映像ですが、そのシンプルさと芸術性は今観ても古くなっていません。というか、パンチパーマにヒゲの三宅一生が超かっこいい。服は当然自分のデザインでしょうね。

曲はセカンド・アルバム「Movies」からの「ペルシアン・ラヴ」です。

サントリーウイスキー角瓶CM 三宅一生 Holger Czukay - Persian Love


曲の全編はこちら。
Holger Czukay - Persian Love



このCMのほかにもホンダのスクーターのCMにも彼の作品が使用されていました。これはホルガーのソロではなく、カンのドラマーのヤキ・リーベツァイトとPILの元ベーシスト、ジャー・ウォブルとのコラボ作の「ハウ・マッチ・アー・ゼイ?」です。

Holger Czukay / Jaki Liebezeit / Jah Wobble - How Much Are They?


ペルシアン・ラヴもハウ・マッチ・アー・ゼイ?もどちらも日本国内盤のシングルが出ているのは驚き。それも時代だったのでしょうね。

このように、彼は他のアーチストとのコラボ作をいくつもリリースしています。
たとえば、U2のジ・エッジ、ユーリズミックス、日本のPHEWなどなど。

そのなかで有名なのは元ジャパンのデヴィッド・シルヴィアンとの2作でしょう。

ふたりの連名で88年「Plight & Premonition」89年「Flux+Mutability」の2作をリリースしています。
当時どんどん音楽の深遠に向かっていき、幽玄の世界のサウンドを作っていたシルヴィアンには、シューカイはグルのような存在だったと思います。どの曲も長い長い。これは20分以上あります。アンビエント~。近所のバリ風健康ランドのBGMにも合いそう。

David Sylvian / Holger Czukay - Mutability


最後に彼のソロのなかで、サウンドが最も「売れ線」でちゃんとPVもある曲をご紹介しましょう。
「クール・イン・ザ・プール」です。「プールに一緒に入って涼しくなろう」という歌詞に本人のアップだけのヴィデオ。
すばらしすぎる。

Holger Czukay -  Cool In The Pool


このおじいさん感というかマッド・サイエンティストなかんじもなんともすばらしいです。

どれを聴いてもへんてこな音楽。ぜひお試しを。


ホルガー・シューカイ(カン)の在庫作品

デヴィッド・シルヴィアンの在庫作品


マメシバレコードTOP










★ 送料は7インチシングル、EP、CD、書籍は『定形外郵便』で何枚でもまとめて200円です。 ★ LP、12インチ、ボックスセットの場合は『定形外郵便』で何枚でもまとめて500円です。☆補償ありの『ゆうパック』は地域別に800円からですが、1回の注文が税込7000円以上なら送料無料です ☆LPとEP、CDの同梱も当然可能です。その他ご要望お聞きいたしますのでご注文の際に備考欄にご記入ください。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

~ レコードのコンディション表記について ~