blog

2017/10/10 15:43

シンセやドラム・マシーン、デジタル・サンプリングなどのテクノロジーの進歩に抗って、アコギやエレキやアコースティックな楽器を使ったサウンドを奏でるジャンルをネオ・アコースティックとかギター・ポップとカテゴライズしますが、そんなギター・ポップの始祖のバンドのひとつにモノクローム・セットがあります。





モノクローム・セットはギターとヴォーカルのビド(Bid)を中心に78年のロンドンで結成された4人組ポスト・パンク・バンドです。

彼らが有名なのは、イギリスの有名インディー・レーベルのラフ・トレードの第一弾シングルをリリースしたこと。その後、ディン・ディスク、ブランコ・イ・ネグロ、チェリー・レッドとインディー・レーベルの名門(?)を渡り歩くことになります。日本のヴィニール・ジャパンのオリジナルとしてアルバムをリリースしたこともあり、日本でも根強い人気があることがうかがえます。85年に解散しましたが、その後再結成、再々結成をし、現在でも現役で活動しています。

あまりエフェクトのかかっていないぺらぺらのギター音がテケテケ、トコトコしていて、今聴くととても新鮮!
インド生まれハーフのビドの線の細いヴォーカルがまた魅力的です。けっこうノイジーな曲もありますが、彼のヴォーカルが聴こえると、それもマイルドになってしまいます。

まずは、ラフ・トレードからのファースト・シングルから「ヒーズ・フランク」です。

The Monochrome Set - He's Frank


「バンドやろうぜ!」的なアマチュアリズムが満ち溢れた若いサウンド。だれにもできそうで、できないだろうという個性です。

このシングルの後、ディンディスクからファースト・アルバムの「ストレンジ・ブティック」をリリース。その美しいジャケットと、シンプルなギター・サウンドが注目され、UKアルバム・チャートで62位を記録しました。



では次に、83年にレーベルをチェリー・レッドに移ってリリースした人気曲「ジェット・セット・ジュンタ」を。

The Monochrome Set - Jet Set Junta


片膝を立ててギターを弾きながらカメラを直視するビドに苦笑い。白黒テレビ(モノクローム・セットですな)をつけると現れるバンドというのがナイス。これはシックスティーズというかグループ・サウンズのサウンドだ。

最後に、現時点での最新音源を。2016年リリースのアルバム「Cosmonaut」からの「コスモノート」です。

The Monochrome Set - Cosmonaut


すごい。ぜんぜん音が変わらない。昔のままでちょっとメロディアス。この変わらなさもまた魅力です。


モノクローム・セットの在庫商品


マメシバレコードTOP
















★ 送料は7インチシングル、EP、CD、書籍は『定形外郵便』で何枚でもまとめて200円です。 ★ LP、12インチ、ボックスセットの場合は『定形外郵便』で何枚でもまとめて500円です。☆補償ありの『ゆうパック』は地域別に800円からですが、1回の注文が税込7000円以上なら送料無料です ☆LPとEP、CDの同梱も当然可能です。その他ご要望お聞きいたしますのでご注文の際に備考欄にご記入ください。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

~ レコードのコンディション表記について ~