blog

2017/10/29 11:55

最近、音楽関係のネットでは、イギリスのシンセポップ・グループの「ヘヴン17」とシンセポップ・デュオの「ブラマンジェ」が一緒に全英ツアーを予定していることが話題になっています。…ええとエレポップ・ファンとかマニアとかの間でのみの話題ですが。


今回はそのヘヴン17を紹介します。次回はブラマンジェで。



ヘヴン17(Heaven 17)はヒューマン・リーグのオリジナル・メンバーだったマーティン・ウェア(Martyn Ware)イアン・クレイグ・マーシュ( Ian Craig Marsh)に旧知のヴォーカリストのグレン・グレゴリー(Glenn Gregory)が参加してできたシンセポップ・グループで、80年代前半にはエレポップ人気を盛り上げました。

他のエレポップ・バンドとはちがった凝ったサウンドや音色、あくまでバックに徹しヴォーカルにいろいろな人を配すプロジェクト「BEF」をやるなど、当時人気爆発していた本家のヒューマン・リーグに比べ(ちょっとだけ)硬派な活動をしていました。

ヒューマン・リーグとどれくらい違うかというと、たとえばファーストアルバム「Penthouse & Pavement」に収録されたタイトルもサウンドも攻撃的なこの曲「レッツ・オール・メイク・ア・ボム」あたりにそれが如実に出ていますか。

ファンのあいだでは人気曲です。唐突に入るサンバのホイッスルがかっちょい。

Heaven 17 - Let's All Make A Bomb



ファースト・アルバムにはほかにも気に障るへんなシンセ音が入ったり、ビートが普通でない奇矯な曲がたくさん収録されています。

たとえばこれ↓ 「ゲイシャ・ボーイズ・アンド・テンプル・ガールズ」

Heaven 17 - Geisha Boys and Temple Girls


サウンドが普通のエレポップに比べてアヴァンギャルド。でもゲイシャ・ガールズじゃないの?ボーイズって…というかこの映像ってPVなの?

クールで独自路線の彼らですが、2枚目のアルバムになると、けっこう売れ線のサウンドになびいていきます。やっぱとりあえず売れないとね。

まずは彼らのシングルのなかでもっともヒットした曲(全英2位)「テンプテーション」です。

Heaven 17 - Temptation


普通にかっこよい上質エレポップ。この曲が収録されたセカンド・アルバム「The Luxury Gap」はUKアルバム・チャートで4位まで上昇。続いてリリースされたシングル・カット曲「カム・リヴ・ウィズ・ミー」も5位まで上がりました。

Heaven 17 - Come Live With Me


その後、サード・アルバムはそれなりに売れたものの、80年代後半からフェイド・アウト。88年に一旦解散。

96年に再結成した後は、メディアへの出演やエイティーズ・サウンドの音楽フェス「リワインド・フェスティヴァル」への毎年参加などで徐々に露出が増え、今年後半はマーティンとグレゴリーのふたりで精力的にツアーの予定です。ツアーの多くの日程で同じイギリスのエレポップ・ユニット「ブラマンジェ」(Blancmange)とダブル・ヘッドライナーで出演。たまたまでも現地にいたら観てみたいですねえ。

これが2017年現在のヘヴン17です。怖くてでかい顔のほうがヴォーカルのグレゴリーです。



ヘヴン17の在庫商品

ついでにヒューマン・リーグの在庫商品も


マメシバレコードTOP





★ 送料は7インチシングル、EP、CD、書籍は『定形外郵便』で何枚でもまとめて200円です。 ★ LP、12インチ、ボックスセットの場合は『定形外郵便』で何枚でもまとめて500円です。☆補償ありの『ゆうパック』は地域別に800円からですが、1回の注文が税込7000円以上なら送料無料です ☆LPとEP、CDの同梱も当然可能です。その他ご要望お聞きいたしますのでご注文の際に備考欄にご記入ください。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

~ レコードのコンディション表記について ~