blog

2018/01/09 07:51

「ミュージック・マガジン」1月号のライヴ・スケジュールを見ていると80年代末期にちょっとしたブームになったブルガリアン・ヴォイスの来日公演を発見。しかもたった1日の公演です。





公益財団法人の武蔵野文化事業団のイベントのひとつとのこと。

今でもテレビの主題曲や挿入曲で耳にすることがあるブルガリアン・ヴォイス。この惑星でもっとも美しい音楽であるとの評価もある合唱です。インパクトでかすぎ。怖い。

Le Mystere des voix Bulgares - Messetschinko lio Greilivko




ただし、今回来日する「The Bulgarian Voices Angelite = ブルガリアン・ヴォイセス・アンジェリーテ」はブームを巻き起こした「Le Mystere Des Voix Bulgares =ブルガリア国立放送合唱団」とはちがうのですけど。

The Bulgarian Voices Angelite: Kalimanko Denko



ああ、でもまがいものであるわけがないのは疑いの余地がないので、この機会に体験するのはお勧めです。

さて、このブルガリアン・ヴォイスとイギリスの幽玄サウンドグループ3人組「コクトー・ツインズ」との関わりとは?



スコットランドで結成された女性ヴォーカルのエリザベス・フレイザーを擁する彼らは、ドラムレスのいわゆるポストパンクのバンドです。ゴシック・ロックにカテゴライズされることもありますが、ドリーム・ポップと評される場合もあって、こちらのほうがフィットします。

メジャーでのシングルヒットはありませんでしたが、インディーではリリースするといつも上位に上り、またアルバムはUKのナショナルチャートのベスト10に入ることもありました。

どんなサウンドかというとこんな感じ。これは84年作の「パーリー・デュードロップス・ドロップス」です。

Cocteau Twins - Pearly Dewdrops' Drops


エフェクターのかかったヴォーカルとコーラスにギターにリズムマシーン。これがコクトー・ツインズのサウンドです。

確かにゴシックなテイストですが、地獄を歌うというより天国を歌うというまさにドリーミー・ポップ。でも実は歌詞には何の意味もないそうです。英語でもなさそうだし。

天国といえば、中期の作品でけっこうポップなこれも良い曲です。「ヘヴン・オア・ラスヴェガス」

Cocteau Twins - Heaven Or Las Vegas


それで、ブルガリアン・ヴォイスとコクトー・ツインズとの関係ということですが、コクトー・ツインズの所属していたレーベルである「4AD」が、実はブルガリアン・ヴォイスの仕掛け人なのです。

それまでは、レーベル・オーナーのアイヴォのお眼鏡にかなったアーチストをリリースしていたインディペンデント・レーベルの4ADでしたが、86年に突然「Le Mystere Des Voix Bulgares/神秘の声」をカタログに加えました。元々は75年にスイスでリリースされたものなのですが、このリイシューが徐々にヒットし、ひとつの流行となったのです。

この合唱を聴くと感じるのは、まずは「怖い」ということ。それ以外には「神秘的」とか「荘厳」とか「重厚」とかそういった言葉でしょうか。

私が初めて聴いたときに感じたのは、その不思議さよりもまずはじめに「これってコクトー・ツインズじゃん」ということでした。

どちらの結成が先かは明白。おそらくコクトー・ツインズは彼らからの影響はあるでしょうし、レーベル・オーナーもわかっていたことでしょう。そしてブルガリアン・ヴォイスをリイシューすることがセールスにつながることもけっこう計算尽くであったのでは?もちろん、コクトー・ツインズとブルガリアン・ヴォイスに目をつけたこと自体さすがであることは確かですし、どちらも4ADというレーベルのカラーの範疇からはみ出していないということです。

といっても、そんなことは関係なしに、両方ともすばらしい音楽な「ので、素直に聴けばよいってことですね。

Cocteau Twins - Iceblink Luck



コクトー・ツインズの在庫商品

マメシバレコードTOP



★ 送料は7インチシングル、EP、CD、書籍は『定形外郵便』で何枚でもまとめて200円です。 ★ LP、12インチ、ボックスセットの場合は『定形外郵便』で何枚でもまとめて500円です。☆補償ありの『ゆうパック』は地域別に800円からですが、1回の注文が税込7000円以上なら送料無料です ☆LPとEP、CDの同梱も当然可能です。その他ご要望お聞きいたしますのでご注文の際に備考欄にご記入ください。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

~ レコードのコンディション表記について ~